Amazonの支払い方法一覧!手数料を比較するとお得なのはどれ?

Amazonの支払い方法7つと手数料

Amazonの決済に使える支払い方法
  1. クレジットカード(手数料なし)
  2. コンビニ(手数料なし)
  3. ATM(各銀行の利用料)
  4. 電子マネー(手数料なし)
  5. ネットバンキング(各銀行の利用料)
  6. Amazonギフト券(手数料なし)
  7. 代金引換(324円)


欲しい商品を買い物かごに入れて、レジに進み、住所を入力したあと
支払い方法を選択します


支払いが選択できたら『注文の確定』となり商品が発送されます



Amazonの支払い方法それぞれのメリット•デメリット

クレジットカード払い


メリット••••••••••••手数料無料。カードのポイントが貯まる。
デメリット••••••••••クレジットカードを持っていないと使えない


コンビニ•ATM払い


メリット••••••••••••誰でも使える
デメリット••••••••••コンビニや銀行での支払い後、発送なので時間がかかる、手数料もかかる


電子マネー払い


メリット••••••••••••手数料無料。電子マネーのポイントが貯まる
デメリット••••••••••非接触ICカードリーダーを持っていないと使えない


ネットバンキングでの支払い


メリット••••••••••••外出不要、口座から直接引き落としされる
デメリット••••••••••銀行の手数料がかかることもある


amazonギフト券での支払い


メリット••••••••••••手数料無料。ポイントが貯まる。プライム会員だとポイントも高い
デメリット••••••••••コンビニで買えるのは3千円〜5万円まで


代金引き換え


メリット••••••••••••すぐ発送される、現金で払える
デメリット••••••••••手数料がかかる、Amazon発送の商品のみ、小銭の用意が必要








コンビニ支払いの注意点

コンビニ払いができない商品もある

コンビニ支払いが選択できるのはAmazonから発送される商品だけです

マーケットプレイス(Amazonに出店している小売店)からの商品だとコンビニ払いができないのです

他にも
お急ぎ便を指定している場合や
Kindleの電子書籍を買う場合はコンビニ支払いができません

詳しくはAmazonのヘルプページで見ることができます


amazonギフト券の注意点

ポイントとギフト券の併用ができない場合もある

基本的にはAmazonポイントとギフト券の併用は可能なのですが
稀に使えないことがあるようです

プライム会費にギフト券で支払うと制限がある


クレジットカードを持っていなくてもAmazonプライムの登録ができるようになり
ギフト券でもプライムを利用することはできます

アマゾンプライムスチューデントの支払いにもギフト券を使うことはできるのですが
無料体験期間中にはギフト券を使用できません

つまり
Amazonギフト券だけでプライムスチューデントを登録しようとすると
無料期間を飛ばして本登録しなければいけない
のです

無料体験期間はとってもお得なのでこれは残念です
普通のプライム会費にギフト券を使うことは何の問題もないのでご心配なく!


クレジットカードを使いたくないとか
ネットショッピングはしないけど
プライム特典だけ使いたい人なんかは
ギフト券で登録した方がいいよね!





電子マネー支払いの注意点

ICカードリーダーが必要

Amazonでは
楽天Edy、Suica、iD、JCBプレモなどの電子マネーで決済することができます

エディやスイカを使う場合はパソコンに繋げるカードリーダーが必要になります
2〜3千円で買えるものですが
頻繁に使うものでもないのでなかなか一般家庭には無いと思います

電子マネー支払いには上限がある

電子マネー支払いは高額商品には向きません

楽天EdyとJCBプレモは上限が5万円、Suicaは2万円が上限額です
ドコモのiDには上限がありません


お得なのはクレジットカードとギフト券

クレジットカードはカードのポイント&Amazonポイントがつくからお得

クレジットカードは支払額の0.1%程度のポイントがつくようになっています
アマゾンでお買い物するとAmazonポイントも付くのでダブルでポイントがついてお得です

スーパーやドラッグストアなどで買い物する場合
クレジットカード払いにするとお店のポイントはつかないことも多いのですが

Amazonポイントは支払い方法に関係なく着きます
Amazon発行の『Amazonマスターカードゴールド』は実質0円で持つことができて
つくポイントが大きくなるのでさらにお得
になります

Amazonギフト券はプライム会員ならめっちゃお得



チャージタイプのamazonギフト券なら
チャージするたびにポイントがつくので無駄がありません

プライム会員はチャージポイントが最大2.5%つくので
現金で買うよりずっとお得になります




まとめ


Amazonの支払い方法と手数料は以下のとおりです

  1. クレジットカード(手数料なし)
    
  2. コンビニ(手数料なし)
    
  3. ATM(各銀行の利用料)
    
  4. 電子マネー(手数料なし)
    
  5. ネットバンキング(各銀行の利用料)
    
  6. Amazonギフト券(手数料なし)
    
  7. 代金引換(324円)


お得なのは『Amazonマスターカードゴールド』での支払いか
『プライム会員になってギフト券で支払う』方法
です

ささやかなポイントのお得を見逃してはいけませんよ〜!

千里の道も一歩から!

コメント

タイトルとURLをコピーしました